赤ニキビの治療では、まず炎症を鎮めることが重要…

自己判断による間違ったケアを行うことでニキビ跡として残ってしまう

痛い赤ニキビは、炎症を起こしている状態です。

放置していたり、自己判断による間違ったケアを行うことでニキビ跡として残ってしまうことがあります。

繰り返し赤ニキビが発症する場合は、赤ニキビになる前の白ニキビや黒ニキビの発生を防ぐことが重要になるため、早めに皮膚科での正しい治療を受けた方が適切です。


赤ニキビの治療では、まず炎症を鎮めることが重要になります。

炎症が起きている状態を長引かせてしまうと毛包を超えて、真皮の広範囲のコラーゲン繊維が委縮したり癒着したりするためニキビ跡が残ってしまいます。

白ニキビや黒ニキビと同じように、ニキビ内部の角質や皮脂、膿などは出す必要があります。

炎症を抑えるだけの治療を受けるよりも膿などを取り除いたほうが早く治る傾向があります。


皮膚科での赤ニキビの治療では、抗生物質の内服薬を処方されることが多いです。

抗生剤は、炎症のもとになるアクネ菌の殺菌や増殖を抑える効果が期待できます。

抗生剤は、ニキビ治療以外の感染症の治療でも使われますが、ニキビの場合は、比較的長期間服用することになるため、一般的にいは副作用が比較的少ないタイプの抗生剤を処方されることが多いです。

抗生剤の中には、長期で服用することで稀に副作用として色素沈着を起こすものもあるため、注意が必要です。

抗生剤は、外用薬として処方されることがあります。


皮膚科での赤ニキビの治療では、面皰圧出と呼ばれる毛穴の中に詰まっている皮脂や角質、膿などを専用の器具で押し出す治療があります。

保険が適用される治療となるため、皮膚科では一般的に広く行われている治療の一つです。

基本的には、どのようなタイプのニキビでも適している治療ですが、白ニキビの段階で処理することで、炎症を防ぐことが可能です。


手順としては、皮膚を消毒し、ニキビの先端に針もしくはレーザーで穴をあけて、専用の器具で毛穴の中身を押し出します。

穴を開けずに圧出することで皮膚が破れて大きな穴が開き、跡が残ってしまうため、前処置として穴を開けることで小さな傷だけで済ますことができます。

面皰圧出のメリットは、膿などを取り除くことで、炎症が治まるため、ニキビの治りが早くなります。

さらに圧出前にレーザーでニキビに穴を開けることで、熱の作用により殺菌され、同じ箇所にニキビができにくくなります。


他には、注射治療やケミカルピーリング、抗生物質以外の外用薬など症状に合わせて治療法を選ぶことになります。



ニキビ跡に効く化粧水ランキング

ニキビ跡に効く化粧水ランキング


このページの先頭へ

トライアルセット生活