Netflix最新韓国ドラマ「青春の記録」皆さんご覧になったでしょうか?

パク・ボゴムさんの入隊直前の主演ドラマ❕

俳優として夢を追う青年ヘジュン(パク・ボゴム)

現実との日々の葛藤をリアルに演じるパク・ボゴムさん。

1話では、ヘジュンの前でジョンハが上司であるメイクアップアーティストの先生に怒られその場を逃げ出してしまう。

せっかくファンであるヘジュンのメイクをすることができたのに・・・。

へこむジョンハは自分自身に励ましの言葉をかけているとヘジュンがやってきて

「僕のこと好きなの?」と・・・

韓国ドラマ「青春の記録」2話どうなっていくのか?!気になりますよね~

韓ドラ『青春の記録』2話の見どころとネタバレと感想をご紹介したいと思います!

スポンサードリンク



青春の記録2話

ジョンハは自分の携帯の待ち受けのヘジュンを見ながら自分自身に励ましの言葉をかけていた。

ヘジュンが

「僕のこと好きなの?」

とジョンハへ話しかける。

ジョンハは咄嗟にヘヒョのファンだと嘘をつく。

てっきり自分のファンだと思っていたヘジュンはヘヒョのファンだと言われガッカリした表情を浮かべる。

ヘジュンはジョンハと話すうちに自分と同じ年だとジョンハから聞く。

メイク室での出来事をジョンハに悔しかっただろうと言い携帯の待ち受け画面を変えるように言うヘジュン。

ジョンハはヘジュンが好きな理由が"特別な共感力"を持っていることと改めて思うのであった。

 

過去

青春の記録2話

ファッションショーも無事に終わりヘジュンたちはメイク室に戻る。

ヘジュンは、ヘヒョ達へジョンハと友達になったと紹介する。

友達になった記念にご飯に行こうと誘われるジョンハ。

ヘヒョがギャラで奢るというフレーズを聞きヘジュンは先に店に行くようにヘヒョ達に言う。

 

ヘジュンはファッションショーの主催者へギャラを自分の口座に直接振り込むように話に行く。

ファッションデザイナーがへジュンに話しかける・・・

 

青春の記録2話

 

— ヘジュンはデザイナーに連れられドライブに出かけていた。

憧れのスポーツカーの運転もさせてもらい楽しくドライブをするヘジュン。

デザイナーの準備した夕食を食べるヘジュンは、皆が来ないことを不思議に思っていた。

するとデザイナーは誰も来ないと言う。

ヘジュンに好意を示すデザイナー。

ヘジュンへスポンサーとして後ろ盾を申し入れるデザイナーにヘジュンは好意を受け入れられないと断る。

 

デザイナーは5年前にヘジュンが断わらなければ・・・と

 

面倒を見るとスポンサーを申し出るデザイナー

 

1週間の期限を提案されスポンサーへの返事を後日するように言われるヘジュンであった。

家族

青春の記録2話

父ヨンナムは肩を痛めていた。

病院に行くように言われるがお金がかかると湿布でその場しのぎをしていた。

一方母エスクは、家事ヘルパーをしながら義父ミンギの服や夫ヨンナムの服を古着を見つけたりしていた。

ミンギもお金がかかると家で過ごす日々。

様々な思いをしながら皆生活していた。

肩を痛めたヨンナムにミンギが湿布を貼ってあげる。

ヨンナムがヘジュンへの言い方が厳しいと注意するが・・・。

ヨンナムはヨンナムでミンギが俳優を目指し借金をしたことを見てきたこともありヘジュンには一生を棒に振ってほしくないという強い思いもあった。

告白

青春の記録2話

イヨンはヘヒョのSNSのフォロワーをお金で買っていた。

 

ヘジュンはジョンハへご飯を一緒に食べに行かないのか尋ねる。

ジョンハは自分のやるべきことがまだあるとへジュンたちの誘いを断る。

へジュンの「またな」社交辞令のような挨拶にジョンハはどうやってまた会うのかと問う。

するとヘジュンはジョンハの携帯に自分の番号を登録してくれる。

 

一方、ヘヒョは映画に合格したことをヘジュンへどう伝えるべきかをジヌへ相談していた。

ジヌはサッカー観戦で勝ったら言おうと提案する・・・。

 

サッカー観戦で韓国が勝利し気分も高揚していた時、へジュンへ映画の役が合格したことを告白する・・・。

 

ヘジュンは自分に声がかからなかったことで落ち込んでしまう。

味方

青春の記録2話

落ち込みながら家路に着くヘジュン。

酒を飲み帰ってきたヘジュンに対し父ヨンスクと兄ギョンジュンはヘジュンに喰いつくように嫌味を言う。

ヘジュンは映画のオーディションに落ち、落ち込んでいることを家族に話すが、父ヨンスクは落ち込むヘジュンに慰めるどころか、これで入隊できると言う。

兄もいつまでも夢を追いかけず現実を見るように言う。

そんな2人の言葉にヘジュンは感情を爆発させる。

その姿を見た祖父ミンギもヘジュンを庇い父ヨンスク達にヘジュンに対する態度を一喝する。

 

へジュンは自室で祖父ミンギへ感謝の言葉を言うが・・・

ミンギはヨンスクが肩を痛めているのに病院に行こうとしないことにお金を稼ぎたいと弱音を吐く。

 

ヘジュンは祖父の涙を見て叶わない夢を追いかけない・・・

そう自分に言い聞かせるのであった。

チャンス

青春の記録2話

ファッションショーに出れるとミンジェ言われるが、場所はミラノであるためお金も宿もないため行けないと断るヘジュン。

ヘジュンはデザイナーの事務所までミンジェに送ってもらう。

ヘジュンはデザイナーへスポンサーの申し出を改めて丁重に断りを入れる。

デザイナーはヘジュンに対し、ヘジュンが傷つくような言葉でヘジュンを責め立てる。

ヘジュンは歯を食いしばって批判を受け止める。

 

 

デザイナーの事務所から帰ってきたヘジュン。

ミンジェはヘジュンの帰りを待っていた。

呼び止められたヘジュンはミンジェからミラノ行きの飛行機のチケットをすでに予約したことを伝えられる。

青春の記録2話

こうしてミンジェのサポートでヘジュンはミラノでモデルとしてランウェイを歩くことになった!

再会

青春の記録2話

無事にモデルの仕事も終わり韓国に戻って来たヘジュンとミンジェ。

空港でヘヒョが出迎える。

ヘヒョはヘジュンにおすすめされた美容室に行くという。

ヘジュンの気遣いで美容室で再開した3人。

ヘジュンはジョンハに対し、ヘヒョと二人きりになれるように気を遣う。

ヘヒョは自分のファンだと思い込みジョンハに話しかけるが、ジョンハはヘジュンに嘘をつき本当はヘジュンのファンなんだとヘヒョへ言う。

 

ジョンハにヘヒョはカットもできるのかと問う。

ジョンハは少しならできると答える。

 

へジュンはミンジェに映画の役は本当はヘジュンがいいと監督が言っていたことを聞かされる。

しかし、ヘヒョに決まった理由がヘヒョの方が知名度が高かったこと、ヘヒョのSNSのフォロワー数がへジュンより多かったことが配役に決まった理由と聞かされる。

実力ではなく知名度によって負けたことを現実的に分からされるヘジュン。

 

思い立ちジョンハのところは足を運ぶヘジュン。

ジョンハへ髪を切ってほしいと依頼するヘジュン。

「入隊する」

そうジョンハへ言うヘジュンであった。

青春の記録2話

まとめ

いかがだったでしょうか?

青春の記録2話。

ヘジュンの過去・・・。

トラウマになるのも分かりますね・・・。

後ろ盾がないことでの自分の評価がこんなにも違うなんて・・・と悔しくも感じます。

ヘヒョは自分の実力で自分の地位が上がっていると思いたいのでしょうが・・・

母の力はやはり強いですよね。

これを知った時のヘヒョはどんな気持ちになるのかな・・・とも感じました。

 

ヘジュンの家族の中でもおじいちゃんの気持ちが本当に涙が出ました。

心の底からヘジュンを応援しているのが伝わりますね。

だけどおじいちゃんの失敗を見ているからこそ厳しいことを言う父の気持ちも分かる気がします。

ミンジェのせっかくのサポートもある中で、現実を分からせられたヘジュン。

入隊を決意したけれど・・・。

ジョンハは髪を切ってあげるのか?!

せっかく携帯の番号も交換したのに~

この先2人はどうなっていくのか?

青春の記録3話お楽しみに~!!

 

青春の記録1話

 

 

パク・ボゴムさんおすすめドラマはこちらからどうぞ~!!

U-NEXTでは31日間の無料トライアルを実施中です。

U-NEXTでは韓国ドラマを豊富に配信中!!パク・ボゴムさんのドラマもたくさん配信中です!

この機会にU-NEXTも見てみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク