新型コロナウィルス感染拡大を受けての緊急事態宣言もようやく解除された東京都ですが、6月2日の1日での感染者数31人という結果を受けて東京都は東京アラートを発令する方針を固めたようです。

あまり聞きなれない「東京アラート」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?

発動されると東京都民の生活に多大な影響がでると予想できるので、その東京アラートとは?発動されるとどうなる?といった内容がとても気になりますね。

東京アラートとは何?発動されるとどうなるの?その影響は?

今回この記事では、このような「東京アラート」に対する疑問を詳しく解説していきたいと思います!

スポンサードリンク



東京アラートとは何?その内容は?

東京アラートとは 画像
東京アラートとは一体どのようなものなのでしょうか?そもそも東京アラートとはどのような経緯でできたものなのでしょうか?

東京アラートとは、緊急事態宣言解除後において、新型コロナウィルス感染拡大に対して東京都独自の警戒を呼び掛ける手段として、小池都知事が5月15日に発案したものとなります。

この「東京アラート」に対して、小池都知事は一定の条件を満たすことで発動することを明言しています。

その「東京アラート」発動条件とは、

  • 1.「1日あたりの新規感染者が20人未満」
  • 2.「新規感染者に占める感染経路不明の割合が50%未満」
  • 3.「週単位の感染者増加比が1未満」

以上の3つの条件が揃えばということらしいです。

この基準に関しては、緊急事態宣言解除後の5月末にも2つ満たしている事例があるにも関わらず発動されなかった経緯などもあり、本当に発動されるのかと疑問視する声が多くあったようです。

ここにきて、感染状況の拡大を懸念していよいよ東京アラート発動という流れになったようです。

スポンサードリンク



東京アラートが発動されるとどうなる?影響は?

 

 

 

東京アラート発動へのネットの反応?

 

 

スポンサードリンク